スキューバーダイビング>職業としてのダイビングインストラクター

よく夏休みなど長期休暇に、リゾート地や沖縄などに行って
スキューバダイビングを楽しむという方を聞かれます。それではまって
しまって、2日3日の休みのたびに、ダイビングに向かう様になった、
という方も結構いらっしゃるでしょう。それだけ魅力的なのが海中深く
へのダイビングなのです。

どうせならこれを職業にしたい、本物のダイバー、ダイビング
インストラクターになりたい、そう考えるケースも非常に多く聞かれ
ますね。ダイビングインストラクターになるには、様々な段階を踏む事が
必要になります。まずオープンウォーターダイバーに、次にアドバンスド
オープンウォーターダイバーを目指し、この時点で潜れるのが
30メートルで、実験的に潜る講習が増えるため、ここから面白くなると
いう声が多いです。

そこから応急救護を習得し、海中で人名救護を行なえる様レスキュー
ダイバーとなり、その後ダイブマスターへ。ここでようやくプロとされる
ため、海中で御客さん達にガイドを行なえる様になります。
ただし教えるようになるには、まだ先があるのです。

スキューバーダイビング

トップページ
スキューバダイビングは大人気です
スキューバーダイビングは知識を学べば楽しいスポーツです
スキューバーダイビング 初心者
初心者はリラックスする事が一番です
ダイビングショップで体験ダイビングをしてみよう
スキューバーダイビング の第一歩
ライセンス取得は、難しくありません
忙しい人にはオンライン受講もあります
ダイビング スクールで基礎を学ぼう
スキューバーダイビング に免許はありません
ダイビングの必需品、Cカードを取得しましょう
ライセンスの認定団体を選びましょう
ライセンスツアーに参加しましょう
情報収集して自分に合ったツアーを選びましょう
揃えると楽しいスキューバーダイビング用品
ダイビング器材の購入は詐欺販売に注意しましょう
ダイブコンピューターは必需品です
水中ではパニックになりやすいので注意が必要です
スキューバーダイビングには、冷静な行動が肝心です
楽しいかどうかはインストラクターによります
ダイビングショップの信頼もインストラクター次第です
職業としてのダイビングインストラクター
目指すなら本物のダイビングインストラクターに
ダイビングインストラクターの現実は厳しいです
本当に海が好きでないとインストラクターは続けられません
ダイビングインストラクターは人気の職業です
大変でけどダイビングインストラクターは魅力があります
インストラクターの求人情報は内容を良くみましょう
インストラクターの収入はあまり期待できません
インストラクターを目指すには国内かいいか海外かいいか
オーストラリアでインストラクターを目指してみよう
スキューバーダイビング ツアーに行きましょう
沖縄の海はスキューバーダイビングにぴったりです
沖縄の海は台風シーズンには、注意が必要です
最近人気の石垣島は初心者でも楽しめます
関西で潜るなら、白浜や串本が最高です
経験者にお勧めなのが伊豆半島です
海外でダイビングに挑戦しよう
グアムの海は水温も年中安定しています
ハワイの海は魚が豊富でダイナミックです
グレートバリアリーフに代表されるのがオーストラリアの海です
南国情緒があふれる癒しの島がバリ島です
スキューバーダイビングはマイナーなマリンスポーツだった
映画の影響で人気が出たスキューバーダイビング

その他

リンク募集中